羞恥

【VR】ファミレス店内露出SEX!彼氏の言いなりにおっぱい出して「超恥ずかしい!」ド変態な下着に着替えさせられて玩具イカセ、アナル全開丸見え露出!生ハメ対面、背面座位、テーブルに寝転んで正常位※生ハメ中出し 一条みお の感想だよ

バサラとキオのアダルトVR Impression! vol.111

2022/10/27追記

バサラ:2019年6月の記事だ。これを読むと、今の俺たちはずいぶんマジメになったなあ。

ソミン:今でも読者さんから「もっとキオちゃんをイジメてあげて」という要望が来るの。

キオ:断る!

バサラ:タイトルを「Impression」に変えたばかりで、「レビュー」の枷から解き放たれた開放感が伝わってくるな。

ソミン:これ、感想ですかね?

バサラ:もともとうちのコンセプトは、アダルトVRの「2次創作同人誌」なのだよ。

キオ:そんなもんに付き合わされるボクの身にもなれー!

ソミン

キオ、この前は本当にごめんなさい。

キオ

ソミンとは絶交だっていったでしょ!もう口きいたげない!

ソミン:ラインにも返事くれないし、電話にも出てくれないし。私、気づいたの。キオが構ってくれないと寂しいなあって。

キオ:いくらトモダチだからって、やっていいことと悪いことがあるよッ!もうトモダチじゃないけど!

ソミン:でも、気持ちよかったでしょ?

キオ:なっ!全然反省してないじゃん!

ソミン:してるしてる。もう二度とキオが嫌がることしないから。お願い、許して。

キオ:むーー。

ソミン:それにバサラさんは酔っ払って寝ちゃったから、何も気づいてないよ?

キオ:ホント?

ソミン:なんで床に穴が空いてるのかわからないって言ってたもの。

キオ:ほんとにもう、ひどいことしない?

ソミン:もちろん!

キオ:じゃあ、今回だけだかんね!あと、今日はソミンのおごり!

ソミン:ありがと、キオ!なんでも好きなもの頼んでいいの。

キオ:せっかくだから、お高めのにしよっかな。

ソミン:オッケーなの。

バサラ

あれ?奇遇だな、こんなところで。

キオ:バサラ?なんでここにいる!?

バサラ:午前中、取引先と商談があってな。さっき終わってメシを食いに来たところだ。

ソミン:バサラさん、いったい何のお仕事してるんですか?

バサラ:ナイショだ。ちょうどよかった。相席いいか?

キオ:ダメです!

ソミン:せっかくキオとデートしてるんですから、気をきかせてほしいの。

キオ:デートじゃないけど!

バサラ:俺、今日は直帰でいいんだ。実は2人の意見を聞きたい案件があってな。

ソミン:あら、なんでしょう?

バサラ:すっげー良かったいちゃラブVRがあるんだ。

キオ:ちょっと!ここ、お店だよ?そういう話はやばくない?

バサラ:平日の中途半端な時間だから、客もほとんどいないし大丈夫だ。

キオ:まさかボクたちがいるの知ってて来たんじゃないでしょーね?

バサラ:んあわけあるか!だいたいこの店、ちょっと高めだろ?キオ、安いとこしか行かねーだろーが。

キオ:失礼だなっ!ま、そーだけど。

ソミン:バサラさん、注文は何にします?

バサラ:よし!いつも世話になっているからな。今日は俺がおごるぜ。

キオ:ボク、サーロインステーキ!サラダバーとドリンクバー付きで!

バサラ:それ、一番高いヤツ!

ソミン:じゃあ、私も。

バサラ:まあいっか。俺もそれで。ピンポ~ン。

………………

ソミン:それで、何のVRですって?

バサラ:そうそう、これこれ。

キオ:キミ、タブレットにエロVR入れてるの?

バサラ:ゴーグルをかぶれないときはこれでガマンするわけよ。

ソミン:さすが「VRバサラ」ですね。

バサラ:あった。コレな!

【VR】HQ超画質革命! ファミレス店内露出SEX!彼氏の言いなりにおっぱい出して「超恥ずかしい!」ド変態な下着に着替えさせられて玩具イカセ、アナル全開丸見え露出!生ハメ対面、背面座位、テーブルに寝転んで正常位※生ハメ中出し 一条みお

【4Kを超えるHQ/60fps超画質革命!!!】ファミレス店内露出SEX!食事も済んだ頃、彼氏の言いなりにブラ出しておっぱい出して「超恥ずかしい!」と顔真っ赤!エスカレートしちゃってド変態な下着に着替えさせられ玩具イカセ、アナル全開丸見え露出!「人いっぱいいるよぉ」半泣きなのにオマ○コぐっちょり濡れ濡れ!生ハメ対面、背面座位、テーブルに寝転んで正常位で中出し!※60fpsの動画は、1秒間あたり通常の2倍の静止画の枚数で動画が構成されているため、通常の動画よりも滑らかに動いて見えます。※HQとは、解像度 4320×2160(サイドバイサイド)でお届けする、4Kよりも更に精密な画質です。

配信開始日:2019/05/31(FANZA)
収録時間:56分
出演者:一条みお
監督:----
シリーズ:----
メーカー:こあらVR
レーベル:こあらVR極

キオ:どこがいちゃラブだッ!

ソミン:しーっ!キオ、声が大きいの。

キオ:ゴメン……

バサラ:それが、ちゃんといちゃラブなんだよ。一条みおちゃんの持つ空気感がすっげーいいんだ。

キオ:ホントかなあ?

ソミン:ほんとなの。仲のいい恋人同士って感じですよね。

キオ:ソミン、観たの?

ソミン:もちろん。露出ものとレズものはだいたいチェックしてるの。

バサラ:そりゃあ話が早くていいな。じゃあ、初見はキオだけか。ワイヤレスイヤホン貸してやる。少し観てみようぜ?

キオ:えー、ここお店だよぉ。あとでバサラの部屋に行けばいいじゃん。

バサラ:俺の部屋、今荒れててな。ラグはクリーニング中だし、なぜか床に穴は空いているし。なんでだろ?

キオ:こ、ここでいっか!

ソミン:そうですね!

ソミン注:なぜか知りたい人は、前回の記事を見てください。

なかよしカップル

バサラ:じゃあ、再生するぞ。

キオ:「はぁ~おいしかったねー。ここの料理好き。お腹いっぱい?」

ソミン:ファミレスの中です。食事の後なんですね。

バサラ:主演は一条みおちゃん。白い服がよく似合う!

キオ:ほんとだ。かわいい!

ソミン:この後のデートの相談です。

キオ:「じゃあさ、じゃあさぁ。会うの久しぶりじゃん。お家とかさ?行きたいな~って思うんだけど。ダメ?別に、そんなエッチなこと考えてないよー」

バサラ:ほら、いちゃラブだろ?

キオ:うん。すごくいい感じ。ほんとにデートっぽいね!

ソミン:ころころ笑うのが、とってもかわいいの。

キオ:手をぎゅーって握って、「お家いきたい」だって。やーん!

バサラ:ほんとに付き合いたい!

キオ:「え、なに?何言ってんの?ここで?」なになに?何を言ったの?

ソミン:何を言ったんでしょうねー、うふふ。

キオ:「え~だって…ここで!?やだよやだよやだよ。人、めっちゃいるじゃん」

バサラ:カワイイ!いちいち全部カワイイ!

キオ:「え~。好きだけどぉ…わかった」なにがわかったの?

バサラ:何がわかったのかなあー

ソミン:何がわかったんでしょうねー

キオ:「ちょっとだけだよ」 きゃあっ!ブラ見せ!?

ソミン:しーっ!

キオ:ゴメン……

バサラ:キョロキョロ周りを見ながら、チャレンジする姿。うーん、がんばりやさん!

ソミン:でも、これくらいじゃ露出になってないですよねー?

キオ:ここ、お店だってば!

バサラ:みおちゃんは俺のことが大好きなんだ。この後、もっとがんばってくれるんだぜ?

キオ:もう1回ブラ見せ5秒間。「なにニヤニヤしてんの?こっちは恥ずかしいんだからぁ」

ソミン:ブラもかわいいですけど、やっぱり、ね?

バサラ:中も見たいよな?

キオ:キミたち、もう1回言うよ。ここ、お店なんだよ?お家に行けばいいじゃん!

バサラ:外だからいいんだよなあ?

ソミン:ですよね!

キオ:みおちゃん、「ヤバイヤバイ」と呟きながらもいいなりです。ほんとにやるの?上着を脱いで、ブラ外そうとしてる!

ソミン:キャミの中でブラを外して、素早くカバンの中へ。

キオ:「ちょっと待ってちょっと待って、これだけ…」上着を羽織りなおします。

バサラ:キャミの中はノーブラ!だが、まだ見えない。

ソミン:ゆっくりとキャミをたくし上げます。

キオ:きゃぁー!おっぱい見えちゃったよ!

ウェイトレス:お待たせしました。サーロインステーキセットです。

バサラ&キオ:わたわたわたっ!

ウェイトレス:お客様?どうされました?

キオ:な、な、な、なんでもないです!

バサラ:えっと!灰皿ありますか?

ウェイトレス:申し訳ございません。お煙草は喫煙ルームがありますので、そちらでどうぞ。ご案内しましょうか?

バサラ:ありがとう、大丈夫です!

ウェイトレス:サラダバー、ドリンクバーはご自由にお取りください。どうぞごゆっくり。

キオ:…………

バサラ:…………

ソミン:キオ!声が大きいの!私まで恥ずかしくなっちゃったじゃない!

キオ:だってぇ……

ソミン:お仕置きが必要ね。ブラを取りなさい!

バサラ:え?まじ?マジ!?

キオ:ごめんってばぁ!許して、ソミン!

ソミン:今回だけよ。次、私に恥をかかせたら、本当にやってもらうからね!

キオ:わかったよう。もう大きな声出さないって。

バサラ:(これは楽しみ……!)とりあえず食おうぜ。

キオ:わ、おいしそう!

ソミン:バサラさん、遠慮なくいただきますね。

キオ:高いおにく、久しぶりだぁー。モグモグ。

バサラ:女子が食べる姿、いいぜいいぜ!キオもソミンもかわいいぞ!

ソミン:もぉ。オジサンなんですからぁ~

キオ:わっ!イヤホンから音が!食事中にエロ動画、再生するなあ!

ソミン:キオッ!

キオ:ご、ゴメン。

バサラ:みおちゃんのおっぱいチャレンジ見ながら肉を食う。これ、サイコーじゃね?

ソミン:ええ。悪くないですね。

キオ:どあほう!

彼氏さんのプレゼント

ソミン:キオ、進行して。

キオ:モグモグ。「これでいい?これでいいですか?見えちゃう、ねぇ見えちゃう!」

バサラ:激カワ!周りを見ながら顔を真っ赤にしているみおちゃん!

ソミン:露出モノは外で脱げばいいってものじゃないんです。女の子の恥ずかしがる様子によって、名作か否かが決まるんですよね。

バサラ:ここまではどうだ?

ソミン:ばっちりですね!恥ずかしくて息づかいが荒くなるのもリアルです。

キオ:「人が恥ずかしがる顔見て、なに興奮してるのぉ」

ソミン:とかいいつつ、みおちゃんもノってきてますね。

バサラ:それがまたいいんだ。凌辱モノとは違う趣がある!いとをかし!

ソミン:やうやう露わになりゆく双丘、蕾ふくらみ、赤く染まりたる頬の、愛しきこと限りなし。清少納言。

バサラ:おおっ!平安レズ!

キオ:なに言ってるかさっぱりわかんないー!

ソミン:でも、恥ずかしいコトさせてるけど、みおちゃんもすごく嫌がってるわけじゃないの。

バサラ:俺のことが本当に好きなんだな。このバカップルぶりがいいんだ。

キオ:もぎゅもぎゅ。おにくおいしー

ソミン:キオ、ウィンナーもついてるよ?

キオ:あーん。

バサラ:待て!動画をよく観ろ!

キオ:え?ソーセージでフェラしてる!

ソミン:キオもやって。

キオ:やだよ。うわっ、これやらしい!

バサラ:モザイクないしな。

ソミン:でも、露出モノとしてはそんなにハードじゃないんですよね。

バサラ:もんだり舐めたり、ローター仕込んだりしないもんな。

ソミン:ここで彼氏さんから服のプレゼントです。みおちゃん、着替えるためにトイレに行きます。

バサラ:キオ、もう食いおわったんか。意外とよく食うな。

キオ:へへへ。おいしかった!ドリンクとサラダとフルーツ取ってくるね!

ソミン:どーぞ。

バサラ:しかしソミン。この服をプレゼントって流れ、既視感ないか?

ソミン:この作品ですね?

ソミン:SODから、2018年10月配信の作品なの。

バサラ:このときは、V字のエロいレオタードだった。さて、今回は?

キオ:お待たせー

ソミン:キオ、そんなに持ってきて食べきれる?

キオ:せっかく取り放題なんだから、食べなきゃ損でしょ?

バサラ:あ、みおちゃんも帰ってきた。

キオ:もぐもぐ……なにコレ!上着の中、とんでもなくエッチな服じゃん!

ウェイトレス:お客様……?

バサラ&キオ:わたわたわたわたっ!

ソミン:グラスワイン3つ、もらえますか?

ウェイトレス:はい、かしこまりました。

バサラ:ふぅ。ソミン、助かったぜ。

ソミン:ギロッ!

キオ:ごめんなさい……

ソミン:もう怒ったの。ブラを取りなさい。

キオ:え?やだやだやだ!許して、ソミン!

ソミン:店員さんがワイン持ってくる前に取らないと、ここですっぱだかにしてあげる。

バサラ:キオ。無理する必要ないぞ。

キオ:バサラ、ボクをハダカにしたいだけでしょ!?

ソミン:早くしないと知らないわよ?

キオ:待って待って!やるからぁ!パチンッ!

バサラ:おおっ!Tシャツ脱がんでもブラを外せるとは。女子はいろんな技を持っとるなあ!

ソミン:取ったら、ちょうだい。

バサラ:いや、俺に。

キオ:ううう……取れた。はい、ソミン……

ソミン:カバンに大事にしまっとくね。

バサラ:なあ、ソミン。

ソミン:なんですか?

バサラ:一般的に、ブラを取ったら押さえつけているモノがなくなるわけだから、胸がふくらんで見えるのと違うか?

ソミン:急にどうしたんですか?

バサラ:ブラを取ったら逆に胸がなくなるというのは、どういうことであろうか?

ソミン:バサラさん、よく見てください。ちゃんと膨らんでますよ。一部ですけど。

バサラ:んん?キオ、乳首立っとるやん!

キオ:え?きゃあ!見んな!!

ソミン:キオは恥ずかしい目にあうと興奮しちゃうイケナイ子なの。

キオ:ソミンまでぇ!ほらほら、続き観るんでしょ?そっちに集中しなよッ!

バサラ:そうだった。キオの平らな胸に気を取られるなど、みおちゃんに失礼というものだ。

キオ:ムカッ!

ソミン:水色のニーハイに露出の多い水着みたいな服。いいですねー

バサラ:俺の命令で上着を脱がされる。前を隠そうとするが、テーブルに置くように言われる。

キオ:「もー。わかったぁ。しょうがないなぁ」

ソミン:ほんとにがんばりやさんなの。キオ、見習いなさいね。

キオ:なんでじゃ!

ソミン:後ろを向くように言われます。

キオ:後ろ……なにこれ!?ほとんどハダカだよ!

バサラ:ブラのあたりに黒い横ヒモ。下はがっつりTバック。それがアクセントになって、むしろハダカよりエロい!

キオ:「え?わたしのこと好きだから、こんな恥ずかしいカッコさせたいって?むぅー、ヘンタイ!」

ソミン:ほらね、キオ。好きだからこそ、こういうことをさせたくなるものなの。

キオ:ヘンタイだ!そんなのヘンタイのすることだッ!

バサラ:まあまあ。みおちゃんの後ろの客はがっつり寝ているし、店員も通らない。彼氏もちゃんと考えてやっているようだ。

キオ:さっきからみおちゃんの胸、まさぐってますケド!?

ソミン:みおちゃんも「でも、そんなキミが好きだからしょうがないね」って言ってるでしょ?これはしょうがないことなの。

バサラ:胸をもみもみ。乳首をコリコリ。水着から乳輪がはみ出ているのがイイッ!チラ見せサイコーッ!

ソミン:ギロッ!

バサラ:す、すまん……

ソミン:次、大声出したらバサラさんも脱いでもらいますからね!

バサラ:ハイ……

キオ:みおちゃん、乳首で感じちゃってる……「声出ちゃう…ン!」

バサラ:俺の手はみおちゃんの露出の多いカラダを這いつつ、下に参りまあーす。

キオ:下!?

ソミン:戸惑うみおちゃん。股間責めです。

キオ:ヤバイヤバイ!こんなところで!

ソミン:ジロッ!

キオ:だってぇ。イヤホンつけてたら、自分の声の大きさがわかんないんだもん……

ソミン:お仕置きが必要ね……みおちゃんとおそろいにシテアゲル。

キオ:おそろい……?ゲッ、みおちゃんにローター見せつけてる!

バサラ:とゆーことは?

ソミン:ちゃんと持ってます。

キオ:やだやだやだ!なんでぇ!

ソミン:ふふふ。さすがにこれには、みおちゃんもイヤイヤするの。「聞こえる聞こえる」ってね。

ぶぃーーーーん。

キオ:ばかばか!聞こえる聞こえるー!

ソミン:みおちゃんとまったく同じこと、してあげるね?

バサラ:まず耳か!

キオ:「ア…そこ弱いの…」

ソミン:当然、次は胸なの。

キオ:「んん…ハァハァハァ…」

バサラ:声を必死に抑えているところがいいねぇ。

ソミン:それ、みおちゃん?キオ?

バサラ:両方!

キオ:「恥ずかしいのに…恥ずかしいのにぃ…」

ソミン:ふふふ。みおちゃんもキオも顔が真っ赤よ?

バサラ:もちろん次は?

ソミン:アソコですね。キオ、ズボンじゃまだから下ろすよ?

キオ:え?え?

ソミン:よいしょ。あずかっときます。

キオ:返して!返して……

ソミン:あら、もう濡れてるの?えい!

キオ:アンッ!

ソミン:キオッ!大声出したらパンツも取るよッ!

キオ:ごめんなさい……もう許してぇー

ソミン:みおちゃんが終わるタイミングでやめてあげる。

キオ:「ダメ…ダメ…ンンーッ、ン!」

バサラ:おいっ!股間くい込ませてローター責めしてるぞ?

ソミン:じゃあ、しょうがないですね。キオちゃんも!

キオ:やだやだやだ!

ソミン:バサラさん、なにテーブルの下見ようとしてるんですか?刺しますよ?

バサラ:つ、つい……

キオ:「あ、あ、あ、ダメ…アッ!ン!ハァ…ハァ…ハァ…」

ソミン:みおちゃんも、キオちゃんも、イッちゃいました。

バサラ:すげぇ。VRの主観男優と同じ姿勢をとるという話は聞くが、VRと同じ場所で同じ道具で同じプレイをするとは……これこそ最も正しいVRの視聴方法!

キオ:ふぇ!ボ、ボクもしかして……

ソミン:よかったね。みおちゃんと完全におそろいなの。

キオ:やああーーん!

ファミレスでここまで!?

バサラ:おいソミン。この後ももちろん同期プレイするんだろ?

キオ:待って待って待って!百歩ゆずってここまでは許すから、絶対もうやめて!

ソミン:あらどうして?こんなところでイッちゃうくらい、興奮しちゃってたクセに。

キオ:ムリムリムリ!これ、アダルトVRだよ!絶対この後……

バサラ:ま、フェラして挿入が定石だな。

キオ:絶対イヤーッ!

ソミン:まあ、キオもがんばったし許してあげましょう。

バサラ:えー!俺もしたかった!

ソミン:ギロギロッ!

バサラ:スミマセン……

キオ:きゃあ!みおちゃん、さっきイッたばかりなのに手でされちゃってる!

ソミン:テーブルに後ろ手つかされて、足を広げさせられて。

キオ:指!指挿れてるー!

ソミン:キオ、みおちゃんの後ろ見てみて。

キオ:ゲッ!寝てたお客さん、起きてる!

ソミン:ほら、みおちゃんも後ろに気がついたみたいよ?この表情、ゾクゾクしちゃう!

バサラ:ぐふふ。しかし指は止めない!1本。2本。からの高速手マン!

キオ:「そんな激しくしたら…イッチャウ、イッチャウ、イッチャウ…やめて。動かさないで…イクッ!」

バサラ:濡れてテカテカになった指を見せつける俺。

キオ:恥ずかしいってー!

バサラ:さて、ここまででファイル1がようやく終わりかけ。まだまるっと2ファイル目が残っている。後ろのお客は完全に目が覚めてしまった。

キオ:続きはおうちでいちゃラブエッチかな?

ソミン:彼氏さん、みおちゃんの胸の布をずらしちゃいます。

バサラ:まさかのここでおっぱい露出!

キオ:はいー?ということは2ファイルめは……

ソミン:なんと全裸にして、いろんな体位でヤッチャウの。

キオ:う、ウソでしょ!?

バサラ:最後はテーブルにのっけて正常位なんだぜ?な、スバラシイだろ?

ソミン:振り切りましたねー

キオ:バレないの?

ソミン:バレますよ?

バサラ:後ろの客、黙ってマスかき始めるしな。

キオ:マジ!?

バサラ:名作だ。続きはぜひ購入して見てほしい!露出の歴史が、また1ページ。

ソミン:「銀英伝」っぽいですね。

キオ:なんの話やねん!

まとめます

バサラ:まとめよう。もの足りないトコロと、いいトコロ。

キオ:名作なんでしょ?もの足りないトコロあるの?

ソミン:まず、「見られるかも」の演出ですよね?

バサラ:さすがソミン!キョロキョロしたり、人目を気にしたりする演技でカバーしているが、店員が通ったり、複数の客がいたりという羞恥露出のディテールが弱いんだな。

キオ:そういえば、しょっちゅう店員や客がウロウロする作品あったよね?

バサラ:そうなんだ。現時点での羞恥露出VRの最高峰と俺が思っているこの作品な。

キオ:ナチュラルハイから、2019年2月配信の作品です。

バサラ:カフェで全裸になり、野外羞恥露出!これを上回る露出モノはなかなか出ないだろう。

ソミン:さっきの八尋麻衣ちゃんのも、エキストラがうろうろしてドキドキ感がありますよね。

バサラ:そうだな。あと、ここまでやっても大騒ぎにならないのが、ややリアル感に欠ける。

ソミン:実際、麻衣ちゃんのは、周囲が騒然としましたから。

キオ:でもでも。麻衣ちゃんのはその辺のオッサンにヤラレちゃったでしょ?みおちゃんみたいに恋人とエッチするほうがまだいいよ。

バサラ:そうそう。自分で最後までヤレルのが、この作品のいいトコロ!

ソミン:この作品も、恋人設定ですよ?

キオ:KMPから、2018年5月配信の作品です。これ、配信日がみおちゃんの作品のちょうど1年前だね。

バサラ:合わせたってこと、あるんだろーか?知らんケド。

ソミン:山井すずちゃんのは、横でお客さんが寝ていたり、店員が通らなかったり、主観でエッチしたりと、みおちゃんのに似てるんです。

バサラ:だが全裸になった後、服を着てからセックスするんだよな。その方がリアルではあるが「服、着るんかい!」と思ったのも確か。

キオ:あの、そろそろズボン返してよ。

ソミン:みおちゃんのは、すずちゃん、麻衣ちゃんの両作品の、興奮するポイントを合わせた作品と言えますよね。

キオ:もしもし?ソミン、聞いてる?

バサラ:一番良かったところはみおちゃんの持つ空気感なんだよ。俺にラブラブのいいなり彼女!恥ずかしそうにする演技もグッディ!後半のもうバレてもいいと振り切った感じ方!続編希望!帰り道での野外露出や、部屋でのいちゃラブエッチ編も観てみたい。

ソミン:確かに羞恥露出の新しい名作ですね!

キオ;ねえってばぁ!ズボン、返してよぅ!

ソミン:ギヌロッ!

キオ:ゾクッ!声、大きかった……?

ソミン:みんな見てました!よくも私に恥をかかせてくれたの……

キオ:ゴメン。ねぇ、ズボン……

ソミン:私、怒った。

バサラ:出た!ソミンの鬼畜モード!

キオ:ソミン、ごめんってばぁ。

ソミン:脱ぎなさい!

キオ:ソミン、お願い!ここじゃイヤだよ!

バサラ:ここじゃなかったらええのんか……?

ソミン:バサラさん、行きましょ。キオ、お金ここに置いとくね。

キオ:待って待って!こんなカッコでお店出られないよう!

ソミン:私、何回も言ったの。大きな声出さないでって。

キオ:ゴメンナサイ……

ソミン:言うこときかなかったキオが悪いの。またね!

キオ:待ってってばぁ!もう、どーしたらいいのさ!

バサラ:脱ぐしかないんじゃね?

キオ:できるかぁー!

ソミン:💢

キオ:しまった……オワタ……

ソミン:まず、パンツ。

キオ:バサラ、見ない?

ソミン:バサラさん?1ミクロンでも動いたら、フルパワースタンガン撃ちます。

バサラ:りょ、りょうかい……

キオ:ごそごそ……脱いだ……

ソミン:かして。しまっておきます。

キオ:あああああ……

バサラ:とゆーことは、キオは今、靴下以外はTシャツ一枚ってことか。ごくり。

ソミン:次は上ね。

キオ:さすがにそれはムリだよぅ。全裸になっちゃう!見えちゃうー!

ソミン:大丈夫。コート着せてあげるから。

キオ:やだやだやだぁ!

ソミン:じゃあ、お会計よろしくね。

キオ:置いて行かれるのは、もっとやだよう!

バサラ:なんていい日だ……

キオ:詩ね!

ソミン:私に任せて。キオは胸のTシャツ、押さえといてね。

キオ:ちょ、ちょっと!後ろからTシャツまくらないで!

ソミン:まず首を抜くの。ほら、胸は隠れたままでしょ?

バサラ:確かに胸は隠れているが……キオのハダカの首。キオのハダカの肩。キオのハダカのヘソ……十分エロい。

キオ:いやぁーッ!

ソミン:ほらほら、声出すと店員さん来ちゃうよ?

キオ:え?え!?

ソミン:次はTシャツを片手で押さえながら、腕を片方ずつ抜きます。

バサラ:ほうほう。

キオ:ハッ!なんでボクがこんな目に遭わないといけないんだ!?

バサラ:既に時おそし、だな。

ソミン:ハイ、よくできました。そのままTシャツで胸を隠してて。コートに片っぽずつ袖を通すの。

キオ:こう?

ソミン:通せた腕でTシャツ押さえ直して。今度はこっち。

キオ:モゾモゾ……

ソミン:そのまま胸を押さえます。ボタン留めてあげる。

キオ:なんかこのコート、冷たい……ふぇ!コレ、ビニール!?

ソミン:レインコートなの。

バサラ:しかも黄色い。それ、まさか子供用……?

ソミン:袖はさすがに短いかなー?でも、ちゃんとアソコは隠れるくらいの丈があるでしょ?

キオ:ギリギリじゃん!もしボクが背高かったらアウトじゃん!

ソミン:ちゃんと計算して持ってきました。

バサラ:確信犯……

ソミン:でも、透けてはないでしょ?かっ、かわいいっ!ピチピチの子供用レインコートだけのキオちゃん!好きすぎるのっ!

バサラ:ソミン……オマエ、ロリコンレズだったんか。

ソミン:失礼ですね。ショタコンでもありますよ?

バサラ:ロリショタ専用バイセクシャル……

キオ:レインコートって、今日晴れじゃん!まさかこのまま連れ回す気じゃ……

ソミン:安心して。私、車で来てるから駐車場までのガマンなの。

バサラ:その後、どこに行くつもりだ?

キオ:じゃあ、いこっ!とにかく今すぐお店出よ!

ソミン:まだ仕上げが残ってます。ちょっとごめんね?

キオ:冷たッ!なに?ローション!?

ソミン:あ、ソファー汚れちゃう。ちょっとお尻あげて。これでよし。

キオ:なにボクのTシャツ、敷いてるのさ!

バサラ:ローションをレインコートの中に垂らしている……何をする気だ?

ソミン:カラダに馴染ませないとね?ボタン、ちょっとだけ開けるよ?

キオ:やっ、ヤダッ!なにする気!?

ソミン:カラダに塗り込みます。

キオ:ちょっ!そこ胸だよぉ!ヤメッ……きゃう!

バサラ:す、すげぇ!レインコートの中に手を突っ込んで、カラダ中をなで回している!

ソミン:もういいかな?ボタン留めるね?

キオ:はぁ、はぁ……ひゃっ!レインコートが体に張り付いてる!!

バサラ:すげー!ちっぱい!乳首!お腹のライン!ウェスト!おヘソ!ぴったりくっついたレインコートで形がまる見えだー!

キオ:こらーッ!!大声出すなーっ!

バサラ:このピチピチ感!まるでプラグスーツ!

キオ:やだぁー、カラダにくっつくよぅ!

ソミン:店員さんも、お客さんも、みんな見てますよ?

キオ:キャアーーッ!

ウェイトレス:あの……お客様。

ソミン:バサラさん!

バサラ:お、お会計!1万で足りるか?

ウェイトレス:ではお釣りを。

バサラ:いらん!いくぞ!

ソミン:ごちそうさまでした。

キオ:え?え?やだやだー!いつの間にかお客さん、いっぱいいるよぉー!

バサラ:もう晩飯時だからな。急げ!

キオ:これ、立ったらお尻見えちゃうー!

ソミン:逮捕よりマシでしょ?

カランカラン!

キオ:きゃー!外も人がいっぱい!

ソミン:駐車場、そこだから。

バサラ:おい、俺も乗せてくれ!

ソミン:ごめんなさい。2人乗りなの。

バサラ:これ!ポルシェボクスター!

キオ:オープンカーじゃん!オープンカーじゃん!

ソミン:ふふふ。とりあえず乗って!さよなら、バサラさん。

バサラ:お、おう。

キオ:きゃー、渋滞してるよぉー!

バサラ:ソミン、とことん女を恥ずかしがらせる技を身につけとるな……とりあえず、徒歩で追いつけるところまで着いていこっ。おっと、写真、写真!あ、羞恥露出といえば過去記事も見てくれな。

配信サイト

-羞恥
-, , , , , , ,